■「とっておきのプレゼント」 (作・絵 おかもと香織)
金額 3,800円(税別)

クリスマス向けに作られた作品です。トナカイがサンタクロースの秘密を楽しく紹介するユーモラスで愛情いっぱいのストーリー。彼氏への心あたたまるとっておきの一冊になります。

ご利用いただいたお客様からは
・「最高のクリスマスプレゼントになりました!」
・「お互いに幸せな気分になりました」

・「感動した。ありがとう・・・と言ってもらえました」
などという感想をよくいただきます。


横21.5cm×縦26.5cm (全35ページ)


>>お申込みはこちらから

「とっておきのプレゼント」のストーリーをご紹介します。
赤い文字の箇所をあなた様のオリジナルの内容に置き換えすることとなります。
プレゼント先の方にあてはめて読んでみて下さい。

入力サンプル (記入例)
主人公になる人の名前(呼び名)
誠くん
年齢
22歳
住んでいるところ
横浜のぼろアパート
登場人物
ゆり
贈り主のお名前
ゆり
プレゼントする日
2015年12月24日
メッセージ
(20字×3行以内で)

出会ってから三回目のクリスマス!
10年後のクリスマスも一緒だよ!
いつまでもず〜っと一緒にお祝いしようね

※「とっておきのプレゼント」は、
最初のページにメッセージが挿入されます。

誠くんに 贈る
世界でたった一冊の絵本


出会ってから三回目のクリスマス!
10年後のクリスマスも一緒だよ!
いつまでもず〜っと一緒にお祝いしようね


20151224
ゆりより
誠くん
メリークリスマス



とっておきのプレゼント

おかもと香織 作・絵
ぼくは、ちょっと特別なトナカイ。

サンタクロースのそりをひく
名誉あるトナカイです。

この本を開いた誠くんに、
サンタクロースの秘密を
特別に少しだけ
教えてあげましょう。
サンタクロースは
実は一人ではありません。

たくさんいるのです。

なにしろ たった一晩で、
世界中の子どもたちに
プレゼントを届けなくてはなりませんからねぇ。

思い出して下さい。
誠くんは 子どもの頃、
サンタクロースの不思議を
いろいろ想像しませんでしたか?
サンタクロースはたくさんいても、
その姿が見られることは
決してありません。

なんといっても
魔法の粉を持っていますから。

ふりかけると人間には見えなくなる
ふしぎな粉をね。

誠くん
サンタクロースに会えなくても、
見なくても、
サンタクロースが来てくれたと
感じていましたよね?
もしも、
サンタクロースが
プレゼントを置いているところを
子どもに見つかったら、
家中大騒ぎになって
大変なことになってしまいますからねぇ。

たくさんの家を 回れなくなってしまうし、
ああ 想像しただけでもドキッとする・・・。

誠くんをはじめ、
子どもたちが眠いのを我慢して
待っていてくれたことは
よくわかっていたのですが・・・。
でもね、
むかし、うっかりもののサンタクロースが
魔法の粉をかけ忘れたことがあったんです。

それで、
サンタクロースやぼくたちトナカイの存在が
世の中に知られてしまったというわけです。

誠くんも、
誰もが知っているあの赤いユニフォームとか
空飛ぶそりとかもね。
その時は
テレビが無い時代でよかったですよ!

もしも今 見つかってしまったら
サンタクロース村は たちまちあばき出され、
テレビのリポーターやら、デパートの人間やら、
観光客やら たくさん押しかけてきて、
サンタクロース村の静かな生活は
なくなっていたでしょうから。

特に ぼくたちトナカイはデリケートな動物で、
自然豊な静かな場所でしか
生きられないんです。

誠くんなら サンタクロース村を
静かなままにしてくれますよね。

それとも
訪ねてみたいですか・・・。
普段は静かなサンタクロース村ですが、
年に一度の夏祭りだけは 別です。

サンタクロースの大好きな花火が
バンバン上がるものですから・・・。

ぼくたちトナカイは
特に大きな音に弱い。

サンタクロースたちは
花火を見ながらワインを飲んで、ダンスして、
そりゃあもう、大盛り上がりですけどね。

誠くん
夏を楽しむサンタクロースの気持ちが
わかりますかねぇ。
ぼくたちは 花火の間、
干草にもぐりこんで ぶるぶる震えながら
終るのをひたすら待つんです。

夏祭りは
サンタクロースの大の楽しみ。

まぁ 年に一度くらいは
我慢してあげないとねぇ。

誠くん
誰かのために我慢してあげること、
あるでしょ?
そうそう
あれはアフリカだったか、

とんでもなく暑い夜空を
ひーひー言いながら飛んでいたら、
大きな太鼓の音が 響いてきて、
ぼくはもう
ひっくり返りそうになったんです。

するとサンタクロース、
飲みかけのワインのコルクで
すばやく ぼくに耳栓をしてくれましたよ!

おかげで、
ひっくり返らずにすみました・・・。

あ、誠くん
心配しないで。
飲酒運転ではないですよ。

空の案内は
ぼくたちトナカイの役目ですから。
大きな音の中でも、
あの雷ってやつは
耐え難いものがありますね!
世の中で 一番嫌いです。

でも、
サンタクロースはちゃんとわかってくれていて、
雷の夜だけは、
ぼくをベットに入れてくれるんです。
やさしい人です。

誠くんにも
こんな経験ありましたか?

今は誰かを守っているのでしょうか。
誠くんの周りで、
サンタクロースに一度もプレゼントを
もらったことがないっていう人
いますか?

ああ、やっぱり いる・・・

では、もうひとつの
とびきりの秘密を教えてあげましょう。

サンタクロースは
世界中のみんなに一人残らず、
「とっておきのプレゼント」を届けます。
その「とっておきのプレゼント」というのは
・・・キス!

サンタクロースは
その人の幸せを祈って、心をこめて
おでこに キスのプレゼントをするんです。

誠くんにも、
実際にプレゼントをもらわなかった人にも、
サンタクロースは「とっておきのプレゼント」を
確かに届けましたよ。

みんなかわいい笑顔だったなぁ・・・
サンタクロースの一番の願いは
世界中の人たちの しあわせです。

今 22歳になった誠くん
おなじ思いではありませんか?

その願いがかなうまで、
サンタクロースは すべての人たちに
「とっておきのプレゼント」を届け続けます。
「とっておきのプレゼント」をもらった
誠くん
お願いがあります。

サンタクロースのおてつだいを
してほしいのです。

いや、かんたん かんたん。

「とっておきのプレゼント」にこめた
サンタクロースの思いを
誠くんの周りの
ゆり
伝えてほしいのです。
そして その思いを
ゆり
周りの人に伝えてくれる・・・。

人々の幸せを願うやさしさの環が
世界中に広がれば、
人々は幸せになれるはずです。

大人たちが全員協力してくれれば、
サンタクロースの願いは きっと叶います。
最後にそっと教えてあげましょう。

今年のクリスマスは
ゆりに頼まれて、
大人になった 誠くん
「とっておきのプレゼント」を
届けることになっています。

横浜のぼろアパートまで飛んでいきますよ、
特別に。

サンタクロースの存在や
想像する大切さを知っている
誠くんだからこそへの 贈り物です。

来年もきっと
ステキなことがたくさん起こりますよ。

サンタクロースのキスの威力は
すごいですからねぇ。

おたのしみに!!
※挿し絵とテキスト形式の内容見本です。
実際のページ構成 レイアウトとは異なります。


>>お申込みはこちらから